アロマスクールの今後の展開について説明します

アロマスクールで学んだあと、どのようなことができるのでしょうか。もちろん個人で楽しむこともできますが、様々な仕事に就く事もできます。まずはアロマの専門ショップでの就職です。お店で取り扱っているエッセンシャルオイルなどの知識を、相手の好みに合わせて紹介したり、アドバイスをする仕事です。これは施術よりカウンセリングに近いスキルが要求されます。また美容サロンやアロマトリートメントサロンに就職する方法もあります。美容サロンなどではトリートメントやマッサージの技術が必要なので、習得しているならば可能となります。顔、身体、手足に実際に施術を行う仕事です。お客さん相手に働くだけでなく、アロマセラピストを育成するアロマスクールの講師の仕事もあります。資格の取得と職場経験があると可能となります。

アロマスクールで求められる資質と能力は

アロマスクールでアロマセラピーの資格を取得し、仕事に生かすにはどのような能力を身につけておいたほうがいいのでしょうか。第1にコミュニケーションのスキルがあるということです。アロマセラピーといっても接客業なので、やはりコミュニケーションがうまくできるかどうかが大事です。相手の状態やどのようにしたいのかをよく聞きながら、相手を立てて施術していくことが大切です。第2に向学心があるかどうかです。アロマは受ける人によって、効果が全然違ってきます。どう違うのか、何を求めているのかを探っていくためにも、勉強は必要です。また講師によっても教え方が違うので、いろんな人の話を聞き、自分の糧にしていくことも大切です。第3に思いやりの精神があるかどうかです。医療関係に進む場合もありますので、これもとても大事な要素でしょう。

アロマスクールから独立開業をめざすには

独立開業をするにはどうしたらよいでしょう。まずはスクールに通い、資格を取得します。スクールも様々ありますので開業に役に立つコースがあるスクールや、制度があるスクールを選ぶようにします。また合わせてリフレクソロジストや整体師、心理カウンセラーの資格も取得しておくと役に立ちます。次にサロンに就職をして経験を積みます。資格してすぐに開業しても、どのように進めていけばいいのか分かりませんし、お客さんにしても信頼できるのかどうか分かりません。サロンで修業を積みながら、開業に向けての準備を行います。なおサロンの開業にはアロマの知識はもちろんのこと、経営の知識も必要となります。アロマスクールにはサロン経営の知識を教えてくれるコースもあります。もちろん資金準備も必要です。低資金で開業したい場合はFC出店もあります。