お任せ☆東京のファクタリング会社

top > 東京ファクタリング会社について > 東京での資金調達はファクタリングでしましょう

東京での資金調達はファクタリングでしましょう

 東京には多くのさまざまな金融関係の業者というのがあるわけで。
これは東京にはものすごくたくさんの資金需要があるからこそということになるわけですが、その一つにファクタリングサービスというものがあります。
このサービスは一体どのようなものかと言いますと企業が持っている売掛債権の業者が買い取って現金化するというようなものになります。
資金調達の方法であり、三社間で行うものもありますし、二社間で行われることもあります。
それぞれに色々とメリットもありますしデメリットもあるのですが中小企業などが一般的に使いやすい資金調達の方法としてかなり人気が出てきているのは間違いないことでしょう。
銀行融資ではなく、こうした方法で資金調達をすることが中小企業ではよくあったりすることになります。

 いくつかの方法があるとなりましたが三社間ファクタリングの場合は、売掛先などへの通知とか承諾が必要になってくるので債権者が売掛先の会社に債権譲渡の旨を通知して承諾を得る必要性があったりするのでわりと時間がかかったりということがあります。
つまり、この場合、そこそこ資金調達に時間がかかってしまうことになります。
もちろん、三社間ファクタリングでも相当に早くやってくれるところもありますが、やはり売り掛け先の承諾が必要であるとなることにはネックがあるといえるでしょう。
それでも大手のファクタリング会社などはこうした方法を採用していることが多いです。
かなり大きい売掛金などの時にはこのほうがリスクが少なくて済む利点がありますから、業者としてもそちらを選択せざるを得ないわけです。

 では、三社間ファクタリングには魅力がないのか、といえばそんなことはないです。
三社間ファクタリングは手数料相場が安いです。
これが大よそ1%~5%ぐらいが相場であり、二社間ファクタリングよりも低い手数料相場で現金にする事ができるようになります。
なんだかんだで手数料が安いというのは魅力であるといえるでしょう。
こうしたサービスを提供しているところが東京には多いです。
それだけ資金需要があるわけであり、東京でその手の業者を探す事に苦労はないでしょう。
しかし、さすがに大変なこととしてあるのが、手数料などの比較です。
資金需要とはいきなり発生することがあります。
その為、事前に業者を見繕っておくようにしたほうがよいでしょう。
そうすればいざという時に買取で焦ることかなくなります。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP