お任せ☆東京のファクタリング会社

top > 東京ファクタリング会社について > 東京のファクタリングは2社間のタイプが多い

東京のファクタリングは2社間のタイプが多い

 ファクタリングには、複数のタイプがあります。
東京のファクタリングの場合、たいていは「2社間」というタイプになります。
他にも3社間というタイプもありますが、それよりも2社のタイプの方が多いです。
その具体的な手順ですが、まずはファクタリングの専門業者に申し込みをします。
WEBやFAXや電話などで申し込みをして、面談の日時打ち合わせを行う訳です。
たいていのファクタリング業者は、申込み者と直接対面で面談する事になるので、その具体的な面談日時などを決める訳です。
そして決定した日に面談を行い、売掛金に関する状況がヒアリングされます。
そして売掛金の確実性などを確認した上で、一旦前払いされる訳です。
この際、売掛金の全額が支払われる訳ではなく、あくまでも手数料を差し引いた分のみ前払いされます。

 ファクタリングという商品には、必ず買取手数料などがあります。
基本的にはパーセンテージで表現されて、その数字に応じた分の手数料が徴収される訳です。
ですから売掛金が100万円で、買取手数料が15%になっている時は、その分を差し引いた85万円だけ前払いされる形になります。
そして前払いが完了して数ヶ月ぐらい経過し、改めて取引先から売掛金の100万円が支払われました。
その際、速やかにファクタリングの専門業者にお金を支払う訳です。
それで手続きは完了です。
上記は2社間のファクタリングですが、この方式であれば取引先に情報が知られる訳ではありません。
あまり相手に情報を伝えたくない時は、2社間のファクタリングはおすすめです。
その他にも3社間のタイプもありますが、それは取引先に情報が伝わってしまいます。

 また上記のような2社間のファクタリングの場合、早期に現金化できるメリットがあります。
他のタイプのファクタリングでも、そこそこ早期に現金化する事はできますが、システム上若干時間がかかってしまうケースがあります。
ですから急ぎでお金が必要な時などは、間に合わない可能性もあります。
ところが2社間のタイプの場合は、基本的には速やかに前払いされる訳です。
専門業者によっては、即日でお金を支払ってくれるケースがあります。
つまり上述の85万円などの金額は、申込をした当日中に支払われる訳であり、数日先ではありません。
現に東京にあるファクタリングの業者は、全体的に手続きをスピーディーに進めてくれる傾向があります。
ですから設備投資などの都合があって、なるべく早めに資金を確保したい事業者の方々は、よくファクタリングを活用しています。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP