アロマスクールとは何かを説明します

アロマスクールとはアロマテラピーを学ぶことのできる専門のスクールのことをさします。アロマテラピーとは植物や果実などから香りを抽出し、天然成分で作られたエッセンシャルオイルを使用してマッサージなどを行い、身体の回復や心のリラックスを図ることで健康や美容に効果が得ることのできる自然療法です。最近は女性を中心にこのアロマテラピーに興味を持ち、病気の予防や美容効果を目的に趣味として通う人が増えてきています。アロマスクールは最終的にはアロマテラピーに関する資格の習得を目標にして通う人が多いです。アロマテラピーに関する資格を習得することによって、アロマセラピストとしての仕事につくことが可能になります。そのためアロマセラピストになりたければアロマスクールに通い資格の習得が求められます。

アロマスクールで学ぶことができる資格とは

アロマスクールに通うことでアロマテラピーの基礎知識やエッセンシャルオイルついて学ぶことができます。アロマテラピーと一口で行ってもアロマには多くの種類があり、使用する用途が異なると効果も変わって来ます。それらの学んだ知識で検定に合格することでアロマテラピーに関する資格を習得することのできるのです。アロマテラピーの検定は国家資格ではなくアロマテラピーに関する協会や学会が独自に基準を設けた任意資格です。検定は様々な種類があり、基礎知識はどれも同じですが、自分が将来なりたい職業がアロマセラピストなのかアロマのアドバイザーなのかコーディネーターなのかによって受ける資格試験も異なってきますがアロマスクールではコースなどにわかれほとんどの試験に対応し、学ぶことが可能です。

アロマスクールに通うメリットとは

アロマテラピーに関して興味がある人や将来アロマテラピーに関係する仕事につきたい人、またアロマテラピーに関する資格をとりたい人にとってアロマスクールで学ぶことは非常に重要です。アロマスクールではただ資格試験の対策を行うだけでなく、実際にアロマオイルなどを使用して効果などを学ぶことが多いため自分自身でその効果を体験することができ、アロマを使いこなすことが可能になることが最大のメリットといえます。アロマテラピーに関わる職業は仕事上で実際にアロマを使用しない職業もありますが、自分で使いこなすことができれば自分自身の知識や経験として活かすことができます。また将来アロマテラピーに関わる仕事につくことがなくても、アロマスクールで知識や経験を積むことで家族や友人に対してアロマテラピーを行うことも可能なのです。

授業は毎日10時~22時まで開講しています。 受講生それぞれに合った就職を実現させるため、個人の個性に合わせた進路を一緒に考えていきます。 ハーブを実際に見て、さわって、香りをかいで自然を満喫。美味しいハーブランチ付き。年2回のハーブ体験。 学びやすい環境と設備を整え、アロマやハーブの学びに集中して頂けます。 通学に便利な東京新宿区。東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」2番出口より徒歩5分。 基礎から資格取得まで学べるアロマスクール