お任せ☆東京のファクタリング会社

ファクタリングを選ぶ際の基準は債券の割引率

当サイトでは東京のファクタリング会社の比較を行います。ファクタリング会社というのはまだ日本ではあまり世の中に深く浸透してきてはいません。それで全国でもその会社の数は100社余りです。ファクタリング会社の元祖は地球の裏側のアメリカです。

ファクタリング会社は世界では昔から使われている資金調達のためのシステムです。その特徴は必要な資金がすぐに入手できるという点にあります。これが銀行や消費者金融などの金融機関からの融資と全く違う点です。これらの金融機関からの融資では審査がありますので必要な資金を入金するまでに相当長い時間がかかります。

ファクタリングは事業者にとってはとても有効な資金集めの手段となりえます。ファクタリング会社を選ぶ際の基準は何と言っても債権の割引率です。例えば100万円の債権を90万円くらいで買い取ってもらえるようなファクタリング会社がベストです。

FS東京ファクタリング

POINT

急いで資金が必要な場合に対応してくれる
売掛債権を売却して素早く資金を調達できる
銀行融資やビジネスローンの審査が通らない場合でも資金調達が可能
公式サイトはコチラから

FS東京ファクタリングは、東京で事業者に特化したファクタリングサービスを提供しています。2社間取引と3社間取引の両方に対応可能です。前者は売掛先に知られずに資金を調達できます。後者は手数料が安いので、コストを抑えて資金を調達したい場合に適しています。

ファクタリングは素早く資金を調達できるというメリットがあります。FS東京ファクタリングでは最短だと即日で入金が可能なので、一時的な資金不足に対応できます。取引先の入金期日まで待てない場合でも資金を調達できるので安心です。

FS東京ファクタリングでは最短即日で5,000万円までの資金調達が可能となっています。事業拡大のためにまとまった資金が必要な場合など、同社に相談するとよいでしょう。

七福神

POINT

債務整理をした人でもサービスを利用できる
2者間契約なので勤務先に知られる心配不要
給料でファクタリングをすることができる
公式サイトはコチラから

東京で個人がファクタリングをするのならば七福神がおすすめです。給料債権を支払い期日前に現金化することができます。急に資金が必要になった場合や、会社から給料の前払いを断られた場合など七福神のサービスを利用するとよいでしょう。最短だと即日で資金を調達できます。

ファクタリングは融資ではなく債権の売買契約なので利息は発生しません。入金後に返済する義務もないため負担が軽いというメリットがあります。また融資ではないので民事再生や自己破産など債務整理をした人でもサービスを利用できます。

2者間契約を行っており勤務先などに知られる心配がありません。手数料も安くスタッフが丁寧に対応をしてくれるので安心です。生活費が足りない場合など気軽にサービスを利用できます。

えんナビ

POINT

売掛金を素早く現金化することができる
24時間365日いつでも対応可能
秘密厳守を徹底しているので安心
公式サイトはコチラから

東京でファクタリングを考えているのであれば、えんナビがおすすめです。業界最低水準の手数料で売掛金を現金化することができます。赤字決算や債務超過の場合でも問題ありません。最短の場合、その日のうちに入金してもらうことができます。

銀行などから融資を受ける場合、審査から入金まで1か月以上かかる場合があります。また担保として不動産や保証人を求められるケースも見られます。ファクタリングならば無担保で素早く資金調達することができます。

売掛金さえあればその日のうちに現金化できるので、急いで資金が必要な場合におすすめです。ファクタリングを行っても貸借対照表上の負債になることはありません。資金繰りが改善すれば、銀行などからの融資も受けやすくなります。

ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

MSFJ

POINT

2つのファクタリングサービスから選ぶことができる
手数料は業界最低水準となっている
東京のMSFJファクタリングサイトでは最短で即日契約も可能
公式サイトはコチラから

東京のMSFJファクタリングサイトでは二つのファクタリングサービスからそのサービスことができます。一つは限度額が100万円までで、その手数料は3.8%です。もう一つが限度額が最大5,000万円まででその手数料は1.8%となっています。

MSFJのファクタリングサービスはその手数料が業界最低水準になっています。 最低で1.8%の手数料でファクタリングサービスを受けることができます。それはサービスを受ける金額によって変動しますので限度額が100万円まででしたら手数料は3.8%ということになります。

業界最短で契約できるのもMSFJファクタリング会社の大きな特徴です。最短で即日契約も可能ということです。そもそもファクタリングで一番大切なのはそのスピードではないでしょうか。すぐに現金を入手する手段としてはファクタリングが一番です。

オススメファクタリングサービス

トムズパートナー

POINT

2社間・3社間両方の契約タイプに対応してくれる
手数料設定が明瞭で安心して利用できる
必要な売掛金金額が低く設定されている
公式サイトはコチラから

東京でファクタリングを利用するなら、トムズパートナーという専門業者に相談をすることをおすすめします。この業者の魅力は、ファクタリング契約の形態である2社間・3社間両方ともに対応してくれる点にあります。

また、手数料設定が3%~15%と幅広く公表されていますが、一定の基準によってこの範囲内から設定され、納得のいく説明を受けられるので安心です。手数料の水準としてはかなり低い分類に入るので、負担感が少なく利用できます。

さらに、ファクタリングサービスを利用するにあたり売掛金の下限額がかなり低く設定されている点もうれしいです。他業者ならかなり高額の売掛残だが必要になるケースが多い中、トムズパートナーの設定はとても使いやすい水準です。

株式会社SKO

POINT

豊富な知識を持つ経験豊かなスタッフが親身になって対応
秘密厳守を徹底しているので安心して相談できる
問い合わせは電話や専用フォームで手軽にできる
公式サイトはコチラから

東京都にあるこちらの株式会社SKOは、豊富な知識と経験を持っているスタッフが親身になって対応してくれると人気です。ファクタリング事業と営業コンサルティング事業を行っているので、必要なときに安心して相談できます。

ファクタリングは全国に対応していて、最短1日というスピーディーな資金化を実現させてくれます。また、豊富な経験を持つ専門の担当者が、申し込みから実行まできめ細かく対応してくれます。もちろん、徹底した秘密厳守でしっかり対応してくれるので安心感もあります。

確認したいことがあるときは、専用フォームから気軽に問い合わせることができます。もちろん、電話の問い合わせにも担当者が丁寧に対応してくれるので安心です。ちなみに、営業時間は9時から18時までで、定休日は土曜日、日曜日、祝日です。

東京には多くのファクタリング業者がある

多くの資金需要が世の中にはあるということになりますが、それは銀行とか信用金庫などの金融機関がその供給元になっています。しかし、これはかなり信用してくれないと貸してもらうことができないということがあったりします。つまりは、中小企業のようなところはどうしても金融機関などからの信用力というのはそんなに高くはないということがありますので特に厳しい時の資金繰りというのが一気に苦しいところに追い込まれるということになったりします。そこで資金調達の方法としてあるのがファクタリングというものです。これは債権を買い取ってもらうという形で資金源をつくるということになるわけです。大抵の商売というのは売り上げがあったとしても即座に現金になるということではないのでその売掛金というのを買い取ってもらう事がファクタリングサービスの肝になります。

東京ではこうした業者がかなりたくさんあります。とにかく人が多い地域ということにもなりますので当然ですが資金需要も多いということでそういうところで商売をするということが一般的になるわけです。ですから大阪などでも多かったりします。東京というところはとにかく人が来やすいという部分にメリットがあります。インターネット上でやり取りをして終わるということもあったりはするのですが、やはり実際に会いに行って様々な書類を見せてということになったりするので多くの人が来やすい所に店を構えるというのが一般的なわけです。ファクタリングサービス業者もどのくらいの換金率で買取をしてくれるのかということは違いが出て来ることになりますから、これは比較する必要性があることでもあります。

ファクタリング業者では二つのパターンで売掛金に関することで資金調達を行えるサービスを提供しています。一つとしては直接的に売掛金を買い取るという方法であり、もう一つは担保にしてというような形になります。手形割引のような形にはなるのですが、基本的にはそんなに違いがあるわけではないんだけどすることではないでしょう。こうした形での資金調達には利点があるのかということですが、その一つとしてあることはなんといってもバランスシートに悪影響がないということです。あくまで借金ではないということがありますから、これはバランスシートに負債となるわけではないわけです。そうした部分にメリットを感じることによって利用する、という中小企業などはよくあることになりますから覚えておきましょう。

カテゴリー

PAGE TOP